info

TEL:055(243)6841

FAX:055(243)6845

MAIL:info@yamanashi-fuji.co.jp

第7回山梨フジカラーフォトグランプリ受賞作品

【総評】写真家 萩原れいこ

今回も沢山のご応募をいただき、誠にありがとうございました。 なかなか落ち着かない世の中ですが、それでも写真に取り組み、心から楽しまれている作品の数々を拝見でき、胸を撫で下ろす思いでした。
応募作品は、富士山の力作がたくさん寄せられました。「富士山の写真は、地元の方には叶わない」昔の有名な写真家の言葉ですが、まさにその通りだと思うような、素晴らしい作品の数々を拝見しました。季節、シャッターチャンス、構図・・・全てにおいて完成度が高く、地元山梨の皆様だからこそ出合える最高の富士山に、思わずため息が出ました。同時に、富士山の作品が多いため競争率も高く、良い作品ながら入選に至らないものもありました。富士山を見つめる眼差しと同じように、ぜひ他の被写体も見つめて、作品にしていただきたいと思います。
それ以外の被写体では、自由な発想や切り取りなど、チャレンジされている様子が垣間見られる作品が多く、新しい表現の可能性を感じました。また、複数枚の応募には撮影者独自の視点が光るものもあり、自分だけの個性を模索されていることが伺えて嬉しく思います。とても大切なことだと思いますので、これからもぜひ自分らしさを貫かれてください。
多くの人にとって、写真は「生きがい」だと感じている方も多いと思います。のびのびと遠くに撮影に行ける日はまだ少し先のようですが、近場でも「宝物」はたくさんあります。ぜひ自分だけの宝物を見つけ、これからも写真ライフを楽しまれることを心から願っています。

グランプリ

グランプリ

グランプリ

撮影者
井出 吾朗
題名
雪の朝
講評
まさに「信仰と芸術」の象徴である富士山の風格を感じる作品です。遠くに小さく鎮座しながらも、神々しい存在感は気品に満ちています。堂々と真ん中に配置し、浮世絵のような近景と遠景の大胆な構図が、功を奏しています。差し込んだ朝日は富士山だけを染め上げ、下界を隠すような雲海とたなびく一筋の雲が、天上の神秘的な世界観を作り上げています。着雪した木々の表情、富士山の絶妙な積雪と立体感、空の淡いグラデーションなど、全てにおいて完成された芸術的な作品です。解像感やピント位置など、撮影時の設定も申し分なく、井出さんの高い技術と感性に脱帽です。

自由部門 金賞

自由部門 金賞

自由部門 金賞

撮影者
岡田 泰文
題名
降雪の朝
講評
長野県の宿場町、奈良井宿にて撮影された作品ですが、とても風情のある作品です。雪の朝、玄関先の雪をほうきで払う女性の姿があります。その小さく丸い背中が、たくさんのことを物語っています。寒さ厳しい山間の土地で、長年住み続ける人々の楚々とした日常。背景には着雪した山肌がそびえ、自然と人々の共存を垣間見ることができます。人物を画面のなかに小さく配置したことで、より一層趣を感じることができました。このような味わい深い風景が、後世にも残されることを願うばかりです。

自由部門 銀賞

自由部門 銀賞

自由部門 銀賞

撮影者
金川 正義
題名
ころ柿のカーテン
講評
軒先に干された柿が、陽光に照らされて輝いています。とても美しいですね。橙色の柿の透明感、障子に映った影のシルエット、開いた戸口から差し込む光の暖かさ。柿そのものも魅力的ですが、大切に、丁寧に柿を干す人の心が伺え、人影はないけれど暮らしの美しさを想像して感動します。そして、そのささやかな営みを丹念に撮影された、金川さんのお人柄も感じさせるような素敵な作品です。
自由部門 銀賞

自由部門 銀賞

撮影者
野沢 宏旦
題名
2年ぶりの競技会
講評
ロードバイクで駆け抜けた後なのでしょうか。泥がいっぱい付いたバイクやブーツとは対照的に、誇らしげにバイクに跨がる男性の笑顔がとても印象的です。「美しさとは何か」そう問いかけるような作品で、自信に満ちた泥だらけの男性を、私はとても美しいと感じます。モノクロのプリントも、不必要なものを大胆に白く飛ばしていて良いですね。野沢さんのこだわりとセンスを感じる作品です。

自由部門 銅賞

自由部門 銅賞

自由部門 銅賞

撮影者
望月 貴光
題名
想う未来
講評
ノスタルジックな色合いと優しい明るさに心惹かれました。赤いリボンが初々しく、表情は見えませんが希望と不安が入り混じった少女の面持ちを想起させます。少し視線は右を向いていて、その先に道が続いているのが良いですね。視線の先をぼんやりとさせた絞り値も的確で、少女の未来へと想像を掻き立てられます。こだわりのプリント仕上げもお見事です。
自由部門 銅賞

自由部門 銅賞

撮影者
板津 松男
題名
夕暮れ
講評
とてもユニークな形の電車ですね。一体何を運んでいるのでしょうか。夕焼けに染まる空に電車のシルエットだけが浮かび上がり、まるで過去にタイムスリップしたように不思議な感覚を覚えました。少しアンダーに仕上げた点も良く、遠くに輝く川面や手前の青い岩肌も、余韻を感じさせて良い効果を添えています。シリーズ化するとさらに物語が膨らみそうな作品です。
自由部門 銅賞

自由部門 銅賞

撮影者
外川 ゆかり
題名
池・・秋色
講評
鮮烈な青色と黒色が印象的な作品です。そこに差し色のように散りばめられたモミジがお洒落ですね。黒い湖底に、さりげなく一枚のモミジが沈んでいるのもアクセントになっています。水面に浮かぶ落ち葉と鯉を美しく構図するのはなかなか容易ではありませんが、外川さんの根気とセンスの賜物です。鯉を上に配置するように、作品を縦に展示しても素敵だと思います。

自由部門 入選

自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
真田 俊正
題名
老人と犬
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
八巻 長子
題名
老齢化
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
高橋 正仁
題名
翁舞う
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
横森 賢治
題名
ピンクのシャワー
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
相川 よし美
題名
幸せな時
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
星野 郁男
題名
春の日
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
山口 敏造
題名
闇夜に煜く
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
田中 晃幸
題名
かわいいな
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
岩澤 文男
題名
風を受けて
自由部門 入選

自由部門 入選

撮影者
磯野 正義
題名
秋を食む

風景・ネイチャー部門 金賞

風景・ネイチャー部門 金賞

風景・ネイチャー部門 金賞

撮影者
井出 ひとみ
題名
花ほたる
講評
湖面に浮かぶのはツツジの花でしょうか。紅白の花の向こうに見えるのは、緑色を基調としたアジサイで、湖に映り込む虚像が主役となっています。日本の伝統色のような、しっとりとした色合いがとても幻想的で、井出さんのセンスが光っています。手前に浮かぶ花が美しい玉ボケとなっていますが、奥の花とアジサイにしっかりとピントが合っていて、絞り値の選択も絶妙ですね。緻密な技術で撮影されているからこそ、自然と世界観に没入し、酔いしれることができる繊細な作品です。

風景・ネイチャー部門 銀賞

風景・ネイチャー部門 銀賞

風景・ネイチャー部門 銀賞

撮影者
伊藤 和比古
題名
落葉の彩り
講評
初めて目にした時から、気になる作品でした。生き物など目立った主役はいませんが、伊藤さんの池への強い関心を感じる不思議な世界観です。言葉にできない、概念もないけれど、気になる「何か」。それは自然の持つ独特な「気配」なのかもしれません。湖面に映る赤く染まった山肌、濃厚な青空、ざわつく落葉の姿、ギリギリに切り詰めた対岸も緊張感があり、それぞれの要素を丁寧に構図されていることが伺えます。
風景・ネイチャー部門 銀賞

風景・ネイチャー部門 銀賞

撮影者
小俣 仁
題名
光跡
講評
堂々たる富士山の作品が多いなか、ふと肩の力が抜けるようなお洒落でハイセンスな富士山の風景に心惹かれました。山の左右に木を配置し、登山者の光跡も見事に左右に分かれています。星の光跡もしっかりと長時間露光によって撮影され、美しい筋を描いています。アイディアが光るデザインのような絵作りは、いつも富士山を撮影されているからこそ発想できる、小俣さんの熟練の遊び心を感じました。

風景・ネイチャー部門 銅賞

風景・ネイチャー部門 銅賞

風景・ネイチャー部門 銅賞

撮影者
内藤 均
題名
桜花爛漫
講評
心から清々しく気持ちの良い日本の風景です。何と言っても、構図の完成度の高さに感服しました。背景に佇みつつ堂々たる大きな富士山、曲線美が際立つシダレザクラを青空に重ね、存在感の強い茅葺きの家はチラリと覗かせて気配だけを感じさせています。足元の黄色い花も、春の麗かさを演出しています。日本人であることを誇りに思うような、素晴らしい作品です。
風景・ネイチャー部門 銅賞

風景・ネイチャー部門 銅賞

撮影者
板橋 かおる
題名
静と動
講評
有名な御射鹿池は、画家の東山魁夷もモチーフにしたとされ、絵画の中には白馬が登場しました。こちらにはカモが登場してくれましたね。麗しい緑が映りこむ湖面は、とても静かで音のない世界です。そこにカモが羽ばたき湖面を波打ったことで、一気に時間の流れが生まれました。大胆に余白を設けたことで音が響き合い、現実と非現実を繋ぐような幻想的な作品です。
風景・ネイチャー部門 銅賞

風景・ネイチャー部門 銅賞

撮影者
中村 賢三
題名
ステンドグラス
講評
きれい!と思わず声が出ました。クリスタルプリントの輝きにぴったりの作品で、まるで宝石のような美しさです。形の良い落ち葉を選び、青空をうまく取り込んだことで、画面全体に色が溢れ華やかさが増しました。葉を縁取る表面張力の表情も、繊細で綺麗ですね。解像感が少し足りなかったのですが、それをクリアされるともっと上位に入っていたことと思います。

風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
金子 実
題名
秋色
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
櫻本 雅彦
題名
癒しの聖地
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
井上 和夫
題名
気嵐立つ
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
村上 敏幸
題名
新緑の頃
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
佐久間 法男
題名
紅葉に聳える
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
村田 一史
題名
美意識
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
森本 雄策
題名
マスクをしましょうネ
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
池田 浩樹
題名
蓮池冬景
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
渡邉 輝実
題名
桃源郷
風景・ネイチャー部門 入選

風景・ネイチャー部門 入選

撮影者
佐藤 知津夫
題名
雪後の氷瀑

学生部門 金賞

学生部門 金賞

学生部門 金賞

撮影者
廣瀬 栄美里
題名
あの日の記憶は曖昧で
講評
どうやって撮影したのでしょうか?青空を背景に、お友達に花を持ってもらって、周りの緑は下から覗いたのでしょうか。色々なことが頭を巡りましたが、シンプルにそのアイディアがすごいなと思いました。そして光や色の捉え方が良く、暗く表情が見えない人の姿も何だか意味深です。ハッピーなのか、不安なのか、戸惑いなのか・・・廣瀬さんの心情に思いを馳せてしまうのは、紛れもなく写真のチカラです。ぜひこの世界観をこれからも大切に撮り続けてください。

学生部門 銀賞

学生部門 銀賞

学生部門 銀賞

撮影者
野田 稜和
題名
つなぐ
講評
この作品から、なぜか人の気配を感じました。けれど、赤い橋の上には人はいない。子供の頃の思い出が残る場所なのでしょうか。野田さんの切なさや懐かしさの気持ちが伝わるような作品です。それは、写真を作り込みすぎないからこそ感じる魅力でもあります。手前に何気なく映った柵や雑草が、とても良いのです。これからも「きれい!」「いいな」と思った瞬間を、考えすぎずに素直に撮影してほしいと思います。

学生部門 銅賞

学生部門 銅賞

学生部門 銅賞

撮影者
酒井 野乃
題名
照らす
講評
何をしているんだろう?と作品を覗き込みました。左手に持った反射板に景色を映して、右手でスマホ撮影しているのでしょうか。そう思った瞬間、時代を強く感じました。大人はわからずに素通りしてしまうシーンですが、仲良く撮影するふたりをそっと見つめて、手前のイルミネーションで彩りを添えています。丁寧で優しい眼差しが伝わってきて、とても素敵です。

学生部門 入選

学生部門 入選

学生部門 入選

撮影者
水上 夏乃
題名
海の町
学生部門 入選

学生部門 入選

撮影者
池田 賢人
題名
無邪気
学生部門 入選

学生部門 入選

撮影者
桐下 尚斗
題名
1から始まる物語
学生部門 入選

学生部門 入選

撮影者
倉岡 夏那
題名
12月25日
学生部門 入選

学生部門 入選

撮影者
阿部 美優
題名
冬の朝の贈りもの
学生部門 入選

学生部門 入選

撮影者
長野 真来
題名
夜のはじまり
学生部門 入選

学生部門 入選

撮影者
岸 隼人
題名
待ち人